芸人さん、即日融資のキャッシング教えます

芸能界で飯を食うって本当に難しいことだと思います。

ほとんどの売れない芸能人(お笑い芸人、役者、歌手など)の皆さんはバイトをやりながらの貧困生活・・・。月収が5000円とかもザラだとテレビで見たことがあります。

マジで苦しいだろうなぁ、と想像に難くありません。

それでも夢を諦めない姿勢に尊敬の念を覚えるのです。

当サイトでは厳しい芸能界で成功するまでのお金の問題を少しでもお助けできるような情報をご提供します。

急な出費が原因での、一時的で短期的なお金のやり繰りには、やはり成功した先輩芸人たちが貧乏時代にみんな使っていたキャッシング(消費者金融や銀行のカードローン)は便利です。

オススメなものをちょっとご紹介しておきます。

▼申込数が多いRanking▼



最短1時間で融資!プロミスはWEB完結で24時間キャッシングOK!!瞬フリなら10秒でお振込!



三菱東京UFJ銀行カードローン お試し診断



みずほ銀行カードローンは「Web完結申込」が可能!!


▼プロミスWEB完結を動画で解説▼


お笑いタレントの消費者金融での借り入れ実体験と言えば、ネプチューンの原田泰造さん、カンニング竹山さん、まちゃまちゃさん、猫ひろしさんなどがテレビで放映されて知られていますよね。

原田泰造さんはキャッシングのエピソードとしてビビる大木さんに「消費者金融から1万円借りてきたから腹いっぱい食え」といってラーメンをおごったという話がありました。

女芸人のまちゃまちゃさんは消費者金融で初めて10万円の借金をして完済。しかしその後、何度も繰り返しキャッシングしたことを明かしています。近年、過払い返還請求で100万円以上を取り戻したエピソードを複数のメディアで告白していました。

猫ひろしさんの場合は奥さんがテレビのインタビューに答えていましたが、初デートの時にいきなり猫さんが消費者金融の無人機ATMに飛び込んで行って衝撃を受けた、というエピソードを語っていました。当時の芸人としての月収はほぼ0円でバイト代が10万円程度だったらしいです。

初めてのデートにもかかわらず、激安の居酒屋に入ってムードのかけらもなかったそうですが、夢を語る芸人への熱い思いを心を奪われた奥さんは付き合いを始め、結婚に至ったとのことでした。

カンニング竹山さんに至っては債務整理までおこなったというエピソードを「しくじり先生」というTV番組で披露しています。

竹山さんは昔ながらの芸人気質をお持ちのようで、「芸のためには借金してでも学べ」とか「借金は芸の肥やしになる」といった先輩たちの言葉を鵜呑みにしてしまったらしいのですね。

結果として、ギャンブルや女遊び、飲み代、後輩へのおごり、などで散財してしまったそうです。

借金は芸人の勲章のようなものだと思っていた、と告白していたのが印象的でした。

成功する芸人は豪快と言えば、それは事実かもしれません。ある程度のリスクを取る姿勢は確かにどんな世界でも勝者になるためには必須事項だと言えます。

ハイリスク・ハイリターンとは良く言ったものですね。的を得ています。

この他にも借金をしていたことを告白している芸能人は多数います。

ブラックマヨネーズ(ブラマヨ)の吉田敬さん、日本エレキテル連合の橋本小雪さん、2丁拳銃の小堀裕之さん、山田ルイ53世さん、パッション屋良さん、土肥ポン太さん、見栄晴さん、グランジ佐藤大さん、千鳥の大悟さん、俳優の野村宏伸さん、六角精児さん、キャイーンのウド鈴木さん、などです。完済した人もいれば、現在も返済中という方もおられるようです。

意外な人物で言えば、予備校講師でタレントの林修先生ですね。競馬や株式投資で失敗し借金をしてしまったそうです。また最近、話題になった坂口杏里さん。彼女が借金返済のためにAV女優(セクシー女優)としてデビューするというニュースはかなり衝撃的でしたね。

いずれにしても歯止めのかからない借り入れはNGです。
自分の返済能力の範囲内でキャッシングすることが一番重要なことなのです。

当サイトでは賢い借入の方法を情報提供いたします!